FC2ブログ
冴えないポスドクの備忘録
ポスドクになっちゃった。最近めっきり更新してないから、日記というかプログラムとかメモとかおいておこうかな
プロフィール

asu2ikl4

Author:asu2ikl4
ポスドク
物理学専攻
テーマ「高エネルギー素粒子原子核物理」、「放射線測定器開発」など

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

生データからROOTファイルに変換
生データのファイルは例えば2列、イベントごとにx yとしているものとする
データファイル名:data.dat
変換後のROOTファイル:smp.root

{
//--------------データファイル->ROOTファイル---------------------------
gROOT ->Reset();
TFile* f = new TFile("smp.root","recreate");
TTree* tree = new TTree("t1","t1:raw data");

double x,y;

tree->Branch("x",&x,"x/D");
tree->Branch("y",&y,"y/D");

ifstream data ("data.dat");//データオープン
while (data >> x >>y)tree->Fill();
data->close(););//データクローズ
t1->Write();
}

実行ファイルa.outの名前
コンパイラするときに例えば、test.cをコンパイラするとき

$cc test.c -lm

などすると実行ファイルa.outが作成される。
起動方法は

$./a.out

だ。実行ファイルに名前をつけたい。

$cc -o test test.c -lm

とすると、testという名前の実行ファイルが作成される。

プログラムを走らせるプログラム
#include < stdio.h>
#include < math.h>
#include < fstream>
int main(void)
 {
    FILE *gp;
    gp = popen("ls -B >ls2.txt","w");
    pclose(gp);
    return(0);
 }


gp = popen("___","w");
のアンダーバーに入力したいプログラムを打ち込む

拡張子は.cpp
C++言語である。

wは書き込みモード。rだと読み込みモード

ちなみに上記はディレクトリ内のリストを. .. ~を除いて出力してくれるプログラムである。